このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道整復師になるためには

脚

施術を行なう

柔道整復師になるためには国家資格を習得する必要があります。そしてこの柔道整復師の資格を習得するためには指定された学校で学業を学ぶ必要があるのです。柔道整復師の資格を習得することによって接骨院や治療院などで働くことが出来ます。リラクゼーションとしてではなく、治療を行うことが出来るのです。類似の資格としてあん摩師や鍼灸師もありますが、学校によっては併用して学ぶことが出来ますから、この三つの国家資格すべてを習得する方も少なくありません。近年では整体やカイロプラクティックなども需要が高まってきましたが、これらの施術に関しては資格の必要性がありませんし、実は治療を行う事が出来ないのです。あくまでもリラクゼーションの一種になります。

保険適応内の治療が可能

柔道整復師の資格を保持していて、接骨院などで働けば保険治療を行う事が可能になります。国家資格ですから誰でも簡単に習得できるというわけではありません。最低でも指定の学校に三年間は通い卒業と同時に試験を受ける資格が与えられます。学校に通うのにも高額な費用が掛かりますから、働きながら資格を習得するという方が多い傾向にあります。そしてどちらかと言いますと、若い世代の方よりも、社会人経験のある方が通う傾向が強いのも特徴のひとつです。柔道整復師の資格を習得していれば接骨院などを開業することも可能なのです。治療院や接骨院、病院などで働く方が多い傾向があるのですが、スポーツ分野で活躍する方も年々増えている傾向にあります。