このエントリーをはてなブックマークに追加

学び舎は増えている

勉強

学校が増えることが予測されます

柔道整復師の資格を取得できる学校は今後増加することが予測されます。 現在、柔道の分野だけでなく、他のスポーツでもアスリートの身体のメンテナンスに柔道整復師を必要とされているので需要が高まっていますが、なり手が少ないです。さらに整骨院などリハビリの分野でも柔道整復師が注目され、人材の育成が急務になっています。 これまでは成り手が少なかったのですが、柔道整復師がテレビといったメディアで注目され、手に職を持つとして興味を持つ若者が増加傾向にあります。これにより学校でも定員を増加したり、新たに柔道整復師などを取得できる学科を新設するなどの取り組みが現在行われ、今後はさらにこの流れが加速することが予測されます。

受験と就職実績の確認が大切

柔道整復師の学校で注意する事は、柔道整復師の必要な教育過程を学校で学んだ後に毎年1回行われる柔道整復師の試験を受験することが必要です。また学校も大学ではなく、専門学校の場合には就職の斡旋などの支援があるので就職実績が高いなど、サポートが充実している学校を選ぶことが大切になります。就職支援を確認する方法は、学校案内などのパンフレットある就職実績を参考にすると良いです。これまでの卒業生の就職先の掲載から内定率が掲載されているので活用すると役に立ちます。また、定期的に開催されるオープンキャンパスでも参考にでき、直接、学校スタッフから話を聞くことができます。さらに最近ではホームページでも紹介されているので、参考にできます。